TEL:06-6426-0383
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】土曜日、日曜日、祝日

会社概要

会社名についてDog Life Coordinate-Professional

会社名について

「Dog Life」には、「犬の生活」・「犬を飼う生活」のみならず、「犬」とその犬を飼う「人」の人生や、犬と暮らすことをひとつの生き方であり、それは文化であるという意味を込め、それを「Coordinate(調整する・演出する)」する「PRO(Professional:プロフェッショナル)」でありたいと願う気持ちから、この社名を採用しました。

サービス

研究室紹介

研究室紹介
動物心理学をはじめとする様々な学術分野でイヌに関する研究をされている先生方の研究室を紹介しております。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

イヌと行動の科学セミナー

イヌと行動の科学セミナー
「イヌ」と「行動」に関する科学的な知見をドッグトレーニング業界に従事するドッグトレーナーの方へレクチャーします。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

代表プロフィール

代表プロフィール

代表 山崎 崇

2001年 JPLA阪神店としてドッグトレーナーデビュー。関西の阪神間を中心に出張レッスンを展開。
2004年 TDSP(現在の株式会社TDSP)のテナントとして、「犬の社会化幼稚園」の営業開始。
2005年 TDSPの法人化とともに、株式会社TDSPの取締役に就任。引き続き「犬の社会化幼稚園」の園長として監修。(2010年5月退社)
2008年 プロのドッグトレーナー育成のため、DLC-PLOを設立。
日英家庭犬トレーニング協会認定家庭犬トレーニングインストラクター
応用動物行動学会会員
日本動物行動学会会員
日本動物心理学会会員
対人援助学会
人と動物の関係学会

講師プロフィール

講師プロフィール

講師 高山 仁志

立命館大学大学院人間科学研究科博士後期課程在学中
動物園・水族館職員対象のセミナー講師
ドッグトレーナー・トリマー対象のトレーニングセミナー・ワークショップ講師
ドッグトレーニング関連企業技術顧問および行動コンサルテーション
大阪ECO動物海洋専門学校非常勤講師

専門

応用行動分析、対人援助学、アニマルトレーニング、動物福祉

研究テーマ

ヒトと動物のQOL向上
行動的QOL・行動的動物福祉
支援者支援・対人援助

略歴

1999年
4月
専門学校卒業後、家庭犬訓練の修行
2003年
4月
家庭犬のしつけ、問題行動の改善を主たる業務とする個人事業を開業
2009年
4月
立命館大学文学部人文学科心理学専攻入学
2014年
3月
卒業
2015年
4月
立命館大学大学院応用人間科学研究科修士課程入学
2017年
3月
修了 修士(人間科学)
2017年
4月
立命館大学衣笠総合研究機構客員研究員(継続)
2019年
4月
立命館大学大学院人間科学研究科博士後期課程入学

講演

2015年
10月
専門学校卒業後、家庭犬訓練の修行
2003年
4月
動物園水族館アニマルトレーニングワークショップ(at 関西学院大学)
2016年
1月
動物園水族館飼育員向けセミナー 定期開催(継続)
2018年
3月
動物園水族館飼育員向け講演会(at 渋谷)
2018年
9月
大阪市天王寺動物園職員向け講演
2018年
10月
京都市動物園職員向け講演
2018年
12月
大牟田市動物園職員向け講演
2019年
2月
神戸市立須磨海浜水族園職員向け講演
2019年
5月
よこはま動物園ズーラシア職員向け講演

《これまで》と《現在》

《これまで》

  • ドッグトレーナー3年目の頃、イアン・ダンバー氏のセミナーに参加し衝撃を受ける(当時は罰中心の訓練法しか知らなかった)。そこから「ほめるしつけ・トレーニング」を勉強し始め、行動分析学と出会う。
  • 行動分析学の本を読み漁りながら「大学で教えている学問が、本を読むだけで理解できるはずがない」と考える。
  • 立命館大学の聴講生制度を利用して、望月昭先生の応用行動分析の授業を受ける。
    1回目の授業でとてつもない衝撃を受ける。
    「おれはこの人(望月先生)の下で学ばねばならん」と勝手に思い込む。
  • 30歳の時、立命館大学文学部人文学科心理学専攻を、社会人入試で受験する。
    受かってしまう。
  • 学部時代は応用行動分析のゼミ(望月ゼミ)に所属し、5年かけて卒業。
  • 卒業論文:AAC(代替コミュニケーション)装置を用いたヒト―イヌ間のコミュニケーション支援。
  • 学部卒業後、もうちょっと勉強しようと思い、大学院を受験する。
    受かってしまう。
  • 36歳で立命館大学大学院応用人間科学研究科対人援助学領域(修士課程)に入学。
  • 修士論文:「正の強化」を目的としたペットとその家族の支援の在り方について
    – しつけでもなく,トレーニングでもなく,行動修正でもなく –

《現在》

  • 2019年4月より立命館大学大学院人間科学研究科(後期博士課程)在学。
  • 応用行動分析の立場から、行動分析学が持つ「正の強化を手段から目的へ」という哲学・価値観の素直な実践である「行動的QOL」の研究を、ドッグトレーニング、動物園動物、障害者支援の領域で行っている。
  • ドッグトレーナーを「対人援助・支援の仕事」と定義し、「イヌと飼い主双方のQOLの向上」の実践研究を行っている。
  • ドッグトレーニング以外では「動物園・水族館で飼育されている動物達のQOL向上」のためのハズバンダリー・トレーニングや、環境エンリッチメントという取組みを、行動的QOL(応用行動分析)の立場から動物福祉を再定義することと、トレーナーや飼育員を「動物のQOL向上支援」を行う支援者として捉え、「現場で働くトレーナー・飼育員に対する支援者支援」を2つのテーマが、博士論文の研究の柱である。
  • また、所属する研究室では、障害のある方を対象とした就労支援の実践研究にも関わっている。

会社概要

会社名 株式会社Dog Life Coordinate-Professional
(略称 株式会社DLC-PRO)
設立 2008年4月1日
代表 山崎 崇
本部住所 〒661-0002
兵庫県尼崎市塚口町4-37-31
電話番号 06-6426-0383
メールアドレス info@dlc-pro.co.jp
営業時間 10:00~17:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日

特定商取引法

会社名 株式会社Dog Life Coordinate-Professional
(略称 株式会社DLC-PRO)
設立 2008年4月1日
代表 山崎 崇
本部住所 〒661-0002
兵庫県尼崎市塚口町4-37-31
電話番号 06-6426-0383
加盟費用 【入会金】
加盟会員(3,000円:税込)
【月会費】
加盟会員(7,980円:税込)
【現場フォロー】
1時間3,000円+交通費実費分
【お支払い】
当社規定の口座へ銀行振り込み
【キャンセルについて】
キャンセル・退会手続きは可能ですが、入会金・月会費の返金はいたしかねます。

お問い合わせ

ドッグトレーニングの学術的理論から、独立開業、ビジネスモデルの構築まで、
株式会社DLC-PROへお任せください。
当社サービスに関するご質問・お問い合わせは
こちらからお気軽にご連絡ください。

TEL06-6426-0383

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】土曜日、日曜日、祝日

お問い合わせ